ピープル こどもプラス

「ピープル こどもプラス」は、松本短期大学の柳澤秋孝名誉教授が考案した、全ての子どもを運動好きにする「運動遊び」プログラムを取り入れた事業所です。「運動遊び」を通して、『社会性』『認識力』『語彙』『語意』『空間認知』などの巧緻性を育てます。また、「集団」「個別」両療育により、保護者様のニーズにお応えします。

1日の流れ

※【1日の流れ】【療育内容】は、曜日や時期(季節)、子ども達の状況により変更する場合があります。
「ピープル こどもプラス」のデイリープログラムは、「動の活動」「静の活動」の組み合わせ。
「動」と「静」を交互に行うことでメリハリをつけ、自然な切替ができるようになることが期待できます。
また、「体操」で活発化した脳に「着替え・おやつ」で一時的に休息する時間を設けることで、その後の「個別療育」により集中して取り組むことが期待できます。

《【ピープル こどもプラス】の療育プログラム》
※画像をクリックすると、各説明ページに移動します。

運動遊びtop

集団療育2

体操指導

個別療育2

《【ピープル こどもプラス】のサービス提供時間》

ryouiku4